忍者ブログ

海へ還った月をさがして

太陽の軌跡、月の痕跡、そして地球は回る。 美星 - miho -  since - 2007.3.25-
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/15/02:09

国立天文台

随分前の事になりますが、三鷹にある国立天文台へ、カートピアの取材でいって参りました。
国立天文台には四、五回来ていますが取材で伺ったのは初めてだったので新鮮な心持ちで門をくぐりました。

今回は幸運にも、広報の縣先生がエスコートしてくださり、身に余る光栄。

まずは構内のアインシュタイン搭での撮影。
当日は雲の流れが激しく、月が出現するタイミングを合わせるのがかなり大変そうでした。

月光の雰囲気を出すために、カメラマンやアシスタント、ディレクターさんの携帯電話の液晶の明かりを体に浴びながらの撮影は、なかなか異様な光景。

しかしながら、大好きなアインシュタイン搭とのツーショットには感激。

次に、巨大な望遠鏡とのショットでは、何故かカメラを嫌がる縣先生を無理やり隣に座らせ、半ば強引に撮影終了。

初めは嫌がっていた先生も、徐々にのってきたらしく、仕舞いには巨大望遠鏡や木造のドームを動かすサービスまでしてくださいました。
憧れの望遠鏡にも触れて、さらに感激。

国立天文台は都会の森という感で、初夏の風が爽やかでした。
お散歩にもオススメですよ。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(05/17)
(12/05)
(10/16)
(10/04)
(09/20)