忍者ブログ

海へ還った月をさがして

太陽の軌跡、月の痕跡、そして地球は回る。 美星 - miho -  since - 2007.3.25-
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/15/01:56

多摩六都科学館


昨年の話になりますが、
富士重工カートピアの取材で、多摩六都科学館に行って参りました。


この時のお目当ては、精密日時計。
日本標準時と地方恒星時が先端球の影の位置で、わかる様になっています。

しかし、あいにくの曇り(かなり)時々晴れ、の天気。
たまにうっすらと顔をのぞかせる日の光を追って、
気長にシャッターチャンスを待つ…。

そして、ようやく顔を出した太陽の光を受けて、
精密日時計にもくっきりと、シャドウで出来た針が浮かび上がりました。

精密すぎて、正直読み取りきれない部分もありましたが、
確かに、今日の日付、時間が浮かび上がり、
ほっと一安心。

西東京方面は移動する事は多かったのですが、
初めての科学館、そして田無タワーの勇姿に、
こんな穴場があったんだなあと。

緑が多く、晴れた日は気持ちが良さそうなロケーション。

科学館のスタッフの皆さんも、
とっても親切で、あたたかな気持ちになりました。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(05/17)
(12/05)
(10/16)
(10/04)
(09/20)