忍者ブログ

海へ還った月をさがして

太陽の軌跡、月の痕跡、そして地球は回る。 美星 - miho -  since - 2007.3.25-
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/26/07:32

incanto


おいしいものシリーズが続きますが。

先日、旧フランス大使館へアートの展示会を観に行った帰りに、
ふらっと見つけた広尾のイタリアン。

ふらっと…。
といっても、一人ではなかなか入り難い佇まい。

階段を上った所に、ひっそりと隠れていたこのお店。
店内は落ち着いた雰囲気で、
どちらかと言うと、
お洒落して席に着きたくなる様な、
そんな素敵な空間でした。

その日、母と多摩動物園に行った帰りだった私。
動物園仕様の服で、かなり気まずい…。

気まずいながらも、メニュー開く。

メニューを開いて、まずびっくりしたのが、
メニューの豊富さと、一品、一品のお品書きが、
文学的…詩的な感じで全て表現されていた事。

そして、パスタの種類も驚く程豊富で、
おそらく、全て手打ちなんじゃないかと思われます。

見た事も無いパスタが次々と列挙され、困惑したのですが、
スタッフが、パスタの見本を手際良く運んできてくれました。

さんざん迷った挙げ句に、蝦夷鹿のワイン煮風のお料理をチョイス。

食べてみたら、意外と癖が無くそしてワインにとても良く合う。

困った事に、動物園帰りだったので、
鹿のビジュアルがリアルに浮かんで来る…。
食となって私に力をくれた鹿に、心から感謝しつつ頂く。

お料理も絶品でしたが、ソムリエがきちんと選んでくれるワイン。
これがまた絶品でした。

私は白ワインはあまり飲まないのですが、
この日飲んだ、北イタリアの白ワインは、
今迄飲んだ中でも最高の味わいでした。

すうっと、体の芯に浸透してゆくような。
海の様な味。

あまりに美味し過ぎて、
ワインの銘柄を聞くのを忘れてしまったのが残念です。
酔っぱらいすぎて…。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(05/17)
(12/05)
(10/16)
(10/04)
(09/20)