忍者ブログ

海へ還った月をさがして

太陽の軌跡、月の痕跡、そして地球は回る。 美星 - miho -  since - 2007.3.25-
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/30/00:48

皆既日食前夜

皆既日食
先日、世紀の大イベントと謳われた、
皆既日食を見に、奄美大島へ。

通常ではありえない人数が、島に上陸した為に、
ホテルはもはや満室。

私たちのツアーは、ホテルの宴会場にビニールシートを敷き、
そこに布団を敷くといったもの。
けれども、常夏の島でのキャンプよりかは、
贅沢な宿泊でした。



2000人も入ると言う大衆浴場の込み具合には辟易したものの、
奄美の島人が、目にクマをこさえて、
何日も準備して下さった真心が染みました。

「不自由のお詫びに」

といって下さったのが、
手作りの黒糖焼酎“エクリプス”仕立て。

海岸で拾って来てくれた、美しい貝殻付きです。

日食を控えた前夜、
美味しい豚肉と、焼酎をこれでもかと流し込み。

祭りの様な夜を祝う。

ホテルから少し離れると、
波の音と、そして、天の川。

しんとした南の夜が、
来るべき瞬間を、厳かに祝います。


ああ、今夜は晴れているのに。


足元のハブの気配と、雲行きに、少しの緊張。

続きはまた今度。

写真は、皆既中の空。
昼の11時とは思えない、残照の様な神秘的な空。
そして、海。


PR

薄っすらと

今回の日食は天候が問題でしたね。
私の住んでいる所も雲に覆われていましたが、ちょうど日食が最大になるときに太陽のまわりだけ、雲が薄っすらとなりました。

本来なら専用の遮光グラスが必要でしたが、あまりの急展開に父母と3人で肉眼観測をしてしまいました。(昔は直接見たと言い張る3人)
綺麗に欠けている太陽の姿が雲を通して見ることができ、感動しました。
その後はテレビで堪能しました。
その様子を美星さんは見られたのですね。素晴らしかったでしょうね。
続きの報告を楽しみしています。

  • 2009年07月30日木
  • Hiro
  • 編集

天気

奄美大島でも薄曇りでしたので、
テレビで流れていた様な、クリアな太陽は見れませんでした。
せっかくデザインした日食用サングラスの出番も少なめで、私も仕方無く、
私物の普通のサングラスで観測。
あまり目には良く無いんですけれどもね。

皆既の様子は、また後ほど日記にいたします。

  • 2009年08月01日土
  • 美星 -miho-
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(05/17)
(12/05)
(10/16)
(10/04)
(09/20)